不動産売却を成功させるコツ

  • HOME > 
  • 不動産売却を成功させるコツ

Point

“土地・戸建て・マンション”の売却を成功させる3つのコツ

人生において、不動産を売却する機会は何度も訪れないでしょう。大きなお金が動く取引だからこそ、できれば失敗したくないもの。そこで静岡県長泉町の「さくら不動産」が、不動産売却を成功させるコツをご紹介します。

ここで押さえておきたいポイントは、「不動産会社の選び方」「売却時に必要な費用の把握」「査定のポイント」を知っておくという3つです。ご不明な点はお気軽に、さくら不動産へお問い合わせください。

01安心・信頼できる不動産会社を選ぶ

01安心・信頼できる不動産会社を選ぶ

不動産売却をお願いするのなら、テレビCMなどでよく耳にする大きな会社が安心と思っていらっしゃいませんか? しかし、大きい会社だからお客様の希望通りに売れるというわけではありません。

不動産会社は、お客様の土地や戸建て住宅、マンションなどを売却してくれる大切なパートナーです。だからこそ、お客様の親身になってくれる会社を選びましょう。

会社規模ではなく、柔軟な対応してくれる会社

会社規模ではなく、柔軟な対応してくれる会社

不動産会社の良し悪しは、会社の規模では決まりません。会社と売り主様をつないでくれる担当者次第で、売却が成功するかどうかが決まるといっても過言ではないのです。

不動産は、ひとつとして同じものはありません。また不動産の売却理由も、お客様それぞれで異なります。お客様のご要望をきちんとヒアリングし、柔軟に対応してくれる会社かどうか確認しましょう。

不動産の売却については、仲介売却や不動産買取など、さまざまな方法があります。それぞれのメリットだけでなく、デメリットも正直に伝えてくれる担当者だと安心です。丁寧に説明し、納得できる提案をしてくれる会社をお選びください。

地域密着で情報に詳しい会社

地域密着で情報に詳しい会社

大手の不動産会社の場合、広いエリアを担当しているものの、特定の地域についての情報には詳しくない場合があります。その点、地域密着の不動産会社は、会社近辺のエリアを得意としています。

地域性を把握しているため、学区や住民意識、地域の歴史なども含めて、どういったターゲットに向けて、どれくらいの価格で売ったらいいのかをよく知っています。地域とのつながりが密であるからこそ、地域の人脈を活かして、早期売却につなげることができるのです。

また、売却後に何か困ったことがあった場合でも、地域の会社であればすぐに相談にのってもらうこともできるのもメリットといえるでしょう。

02売却時にかかる費用を把握する

02売却時にかかる費用を把握する

家やマンション、土地の売却では、売却代金が手にはいるだけではありません。たとえば仲介売却で売却した場合には、不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。さらにそのほかにも、さまざまな費用や税金がかかります。

いざというときにあわてなくてすむように、あらかじめ売却にかかる費用や税金を知っておくと安心でしょう。

主な諸費用
仲介手数料 不動産会社に仲介売却を依頼した場合、売買が成立すると、成功報酬として仲介手数料を支払います。手数料は「売買価格×3.3%+6万6000円」という計算式で求められます。成功報酬ですから、成約しなければ支払う必要はありません。また不動産買取の場合、仲介手数料は不要です。
抵当権抹消費用 住宅ローンが残っている物件を売却する際にかかる費用です。抵当権の抹消には登録免許税と、司法書士に支払う報酬が必要になります。
証明書発行費 不動産を売却する際には、さまざまな証明書類が必要になります。印鑑証明書や住民票、登記識別情報、固定資産税評価証明書などを発行するための手数料がかかることを考慮に入れておきましょう。
登記費 住所などの公示の際に必要となる費用です。表示登記や所有権保存登記、所有権移転登記、抵当権の設定登記などがあります。登記されていない不動産は、スムーズに売却できません。
ローン返済費 住宅ローンが残っている物件を売却するためには、ローンを一括返済する必要があります。物件の売却代金によってローンを返済することになります。もしローン残債が売却額を上回る場合には、自己資金を充当しなければなりません。
引っ越し費・処分費 住み替えの場合には、現在の住まいから新居へ引っ越すための費用が必要になります。また、不要になった家具や電化製品などの廃棄物が出る場合には、その処分費用も必要です。
主な税金
印紙税 不動産売買契約書に貼る収入印紙代です。契約書に記載された売買価格に応じて印紙税額は変わります。たとえば売却額が1000万~5000万円の場合、印紙税額は1万円です。これは軽減税率の適用を受けた金額で、今のところ2024(令和6)年3月末までとなっています。
登録免許税 不動産の所有権を移転する際や、抵当権を設定するときに必要となる税金です。抵当権を抹消する場合や、住所変更が必要な場合に登録免許税が発生します。
住民税/所得税 不動産売却によって譲渡益が発生した場合には、翌年住民税がかかります。税率は、売却した物件の所有期間が5年以下か5年超かで大きく異なります。
消費税 個人所有の不動産の売却では、消費税はかかりません。ただし、アパート経営などを行っていて、不動産物件の売却が事業として見なされると、消費税の課税対象になることがあります。

03査定価格を左右する大事なポイント

03査定価格を左右する大事なポイント

不動産の査定においては、土地と家、それぞれ査定ポイントがあります。土地では用途地域を確認しておく必要があります。さまざまな建物を建てられる用途地域ほど、土地の使い道が広がり、査定額が高くなる傾向にあります。

最寄り駅までの距離や、スーパー、公共施設、病院などへの距離も重要です。また、広くて使いやすい形をしている土地は、高く評価される傾向にあります。これに対し、いびつな形をしていたり、接している道路の幅員が狭かったりすると高い査定は期待できません。

家やマンションなど建物の価値としては、築年数がもっとも重要です。木造家屋の場合、築20年を超えた建物の価値はほぼゼロとなってしまいます。建物の内装や外装は、適正にメンテナンスされていてキレイに保たれているかどうかもポイントです。

やっておくべき!査定価格をアップさせる対策
土地の状況

購入希望者の気持ちに立てば、キレイな土地のほうが購買意欲が増します。ゴミや雑草のない状態に整備しておくように努めましょう。自力で整えるのが難しければ、業者の力を借りるのも手です。

なお、査定を受ける前の準備として、あらかじめ土地の相場を調べておくことをおすすめします。相場を自分で把握しておくことによって、不動産会社から提示される査定額が妥当かどうか判断することができます。

玄関や外装

査定時には物件をキレイに整えておくことも重要です。戸建ての場合、特に最初に目にする玄関は重要な評価ポイントです。家全体のイメージにつながる場所なので、靴などを片付けて、すっきりした印象を与えましょう。

また、戸建ての場合に見落としやすいのがバルコニーや庭などの外回りです。部屋の間取りなどは資料だけでもわかりますが、日当たりや庭の状態などは現地でないとわかりません。ゴミを片付け、雑草なども取り除いておきましょう。

水回りや収納

査定では、水回りや収納もしっかり見られる場所です。浴室や洗面所、キッチン、トイレなどの水回りは、清潔感が重視されます。水アカやカビなどを徹底的に落とし、ピカピカに光らせることで、好印象につながります。

また収納スペースの広さや使い勝手の良さも気にされる方が多いポイントです。不要なものは処分して、十分なスペースがあることを確認してもらいましょう。水回りと収納は、特にマンションの査定で気をつけるべき点です。

長泉町の不動産売却なら、さくら不動産にお任せください

長泉町の不動産売却なら、さくら不動産にお任せください

さくら不動産では、女性の代表自身が査定から売却まで責任を持って行っています。女性ならではの目線で、お客様の物件のよさを見つけ、高額売却につなげています。また、離婚問題など、男性の担当者には話しづらいことでも安心して相談できることでしょう。

不動産売却は高度で専門知識を必要とする取引ですが、さくら不動産では、難しい専門用語を並べ立てることはありません。親切丁寧をモットーに、お客様が安心して売却できるように、わかりやすい言葉でかみ砕いてご説明しております。

不動産の不動産売却が初めてという方も、安心してご相談してください。不動産でお悩みの皆様からのご連絡をお待ちしております。

トップに戻る